〒251-0024 藤沢市鵠沼橘1-1-1 第2外岡ビル 3階
藤沢駅徒歩1分(江ノ電)徒歩2分(JR線・小田急線)

お問い合わせはこちら  
0466-25-3812

テニス肘・外側型野球肘とは

上腕骨外側上顆炎

《疾患概念》

テニス肘は、主に短橈側手根伸筋の起始部(外側上顆部)が、肘外側で障害されて起こります。外側型野球肘は、肘に負担のかかる投げ方や繰り返す投球動作などによって、前腕と上腕の関節面の軟骨が変性、壊死を生じることがあります。

 

①テニス肘

《誘因・原因》

上腕骨外側上顆に付着する前腕伸筋腱などの変性、overuseで発症します。40~50歳代の女性に多く発症しています。

《症状・臨床所見》

テニスのバックハンドで肘外側部の運動時痛が出現することが多いです。テニスのみならず、タオルを絞るなどの手首を背屈する動作などで疼痛が出現するのが特徴となっています。

《検査・診断・分類》

MRIにて上腕骨外側上顆部の腱の変性、断裂を認めます。疼痛誘発テストが有用です。

上腕骨外側上顆炎における疼痛誘発テスト

chairテスト:被検者に肘を伸展したまま椅子を持ち上げさせると(前腕は回内)、外側上顆部に痛みが生じます。

トムゼンの手技:被検者の手関節を肘を伸展したまま握りこぶしを背屈させておき、検者の手関節を掌屈させようとすると、外側上顆部に痛みが生じます。

中指伸展テスト:被検者に肘と中指を伸展させておき、検者がこれを掌側に圧迫すると、外側上顆に痛みが生じます。

《治療

(保存的治療)安静、ストレッチ、スポーツ後のアイシング、外用薬、テニス肘サポーターなどさまざまな保存的治療があります。痛みが強い場合は、副腎皮質ステロイド薬の局所注射を行うこともありますが、組織を弱らせることから通常2~3回までとしています。スポーツ選手には理学療法がすすめられます。

(手術療法)腱起始部や腱病巣部の切除などさまざまな方法が報告されています。

②外側型野球肘(離断性骨軟骨炎)

《誘因・原因》

投球動作時に、上腕骨小頭の軟骨下骨に圧迫と剪断力(平行に2つの力が逆に働くこと)が繰り返し加えられることで発症します。投球動作により肘に回旋ストレスが起き、尺側(小指側)は牽引される内側型、橈側(母指側)は圧迫される外側型とさまざまな障害が起こると考えられています。

《症状・臨床所見》

初期では症状に乏しいことがあります。進行すると投球時、投球後に肘外側に疼痛を自覚しますが、少し安静にすると症状は軽快します。さらに進行すると、可動域の制限や日常生活でも疼痛を自覚します。関節遊離体(骨折などによって骨が移動すること)がはまり込むと、ロッキング症状(関節が動かせない状態)が出現し、将来、変形性関節症をまねきます。

《検査・診断・分類》

(単純X線検査)肘関節45°屈曲位正面像で評価します。透亮期は上腕骨小頭に骨透亮像(骨が薄く写る部分)を認め、分離期には、透亮像の中に少し転位のみられる骨軟骨片を認めます。遊離期には、骨軟骨片は完全に離れ遊離体となる。

(MRI検査)X線より病期を正確に判断することができます。

《治療》

透亮期、分離期早期では保存的治療とし、投球動作を制限します。MRI検査で、骨片が分離し不安定になる分離期後期や遊離体としてみられる場合、鏡視下病巣切除や骨軟骨移植など種々の方法が試みられています。早期に発見するためメディカルチェックが重要となります。また、原因となる投球過多の制限や投球フォームの指導も大切です。

 

 

お問合せはこちら

 予約・お問合せ

0466-25-3812

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
■休診日
 土曜午後・日曜・祝日

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
 休診日:土曜午後・日曜・祝日