〒251-0024 藤沢市鵠沼橘1-1-1 第2外岡ビル 3階
藤沢駅徒歩1分(江ノ電)徒歩2分(JR線・小田急線)

お問い合わせはこちら  
0466-25-3812

鎖骨骨折とは

鎖骨骨折
 

《疾患概念》

鎖骨骨折は肩の外側からの介達外力(筋肉の瞬間的で強力な収縮作用)か、直達外力(外力が直接作用する)により生じる鎖骨中央1/3、外側1/3、内側1/3で分類される骨折をいいます。この順番で起こる頻度が高くなります。                                                         

《誘因・原因》

鎖骨骨折は、肩を下にして転倒するなどの介達外力によって生じることがほとんどで、若年男子に多くみられます。鎖骨中央1/3(骨幹部)の骨折では、末梢骨片は上肢の重量に引かれ、中枢骨片は胸鎖乳突筋に引かれて頭側凸の変形を生じます。骨折部で重なり合って患側の肩幅が狭くなります。

※骨折により2つ以上に分かれたそれぞれの骨を骨片(こっぺん)あるいは骨折片(こっせつへん)といいます。骨片は、身体の中枢に近い側の骨片を中枢骨片(または中枢片あるいは近位骨片)、中枢から遠い側を末梢骨片(または末梢片あるいは遠位骨片)といいます。また、3つ以上の骨片に離断した場合を複数骨折といい、中枢骨片や末梢骨片以外の骨片を第3骨片、あるいは破片、骨片、骨破片などといいます。

《症状・臨床所見》

外傷機転の聴取、局所の変形、疼痛部位を確認します。患者は患側の上肢を健側の手で抱えて来院され、まれに鎖骨下にある腕神経叢を損傷して、しびれや麻痺が生じていることもあります。

《検査・診断》

単純X線検査では鎖骨前後像、斜位のほか、骨折部位により肩鎖関節、胸鎖関節撮影も確認します。
転位がある場合や臨床所見から骨折を強く疑うが骨折線がはっきりしない場合は単純CTやMRIを撮影します。
    

《治療》

中央1/3の骨折では、保存的治療で良好な成績が報告されています。肩を後方にそらせると整復が得られやすいです。鎖骨バンドや8の字包帯で固定し、変形が強くても機能障害を残すことは少ないとされています。固定は、小児では仮骨(両骨折端が連結された状態)がX線上に認めるのは2~3週、成人では4~6週が必要となります。肩鎖関節脱臼は、鎖骨骨折と同様な保存療法を行います。

手術適応となるのは、外側1/3の骨折や転位が大きく骨癒合が得られないリスクが高い場合、開放骨折(骨折部と外界が直接交通するもので、感染の危険性が高く注意が必要)の場合、突き上げた骨片により皮膚が貫通しそうな場合、腕神経叢圧迫症状のある場合、鎖骨遠位部骨折で烏口鎖骨靭帯が断裂している場合、偽関節になった場合などです。手術はプレートとスクリューによる固定が一般的ですが、K-wireで骨片を貫通させる方法などもあります。

お問合せはこちら

予約(初診・再診)・お問合せ

0466-25-3812

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
■休診日
 土曜午後・日曜・祝日

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
 休診日:土曜午後・日曜・祝日