News & Blog

ホームニュース&ブログビタミンDでコロナ禍を乗りきる?

2021.01.09 新型コロナウイルス感染症

ビタミンDでコロナ禍を乗りきる?

藤沢の順リハビリ整形外科の院長渡邉順哉です。

私はビタミンDが不足していることに血液検査の結果知りました。

ビタミンDは多くが直射日光を浴びて皮膚で合成されますが、

私の場合はアトピー性皮膚炎もあり、直射日光を長時間浴びると痒くなってしまいやすく比較的直射日光を避けて生活してきました。

足りないことを知ってからは、活性型ビタミンDのアルファカルシドールを飲み始めました。

ビタミンDを飲み始めて早1年くらいになります。

私はもともと毎月のように鼻かぜやのど風邪を引いていましたが・・・

なんと今まで一切風邪を引かなくなりました。

正直ここまで効果が出るのかと驚きを覚えました。

それだけ、ビタミンDが減った状態は骨だけじゃなく、免疫力にも強く影響していることがはっきり身をもって体験しました。

ビタミンDはカテリジンというたんぱく質を作らせて、カテリジン細菌やウイルスを殺す働きを持っているようです。

実は、藤沢の順リハビリ整形外科では20~30代の職員全員に血液中のビタミンDを測定しました。

結果、私も含め全ての職員でビタミンDが不足していることが発覚しました。

コロナと対面する可能性がある医療従事者がビタミンが不足し免疫力が低下しているのはとても危険だと私は思っていました。

そこで、藤沢の順リハビリ整形外科では、スタッフのコロナ感染を最大限抑えるため、全員にビタミンを提供することにしました。

正直、スタッフに提供してもあまり飲んで頂けないかなと思っていました。

しかし、考えとは裏腹、感染拡大が止まらない恐怖、私が患者様に毎度のようにビタミンもの足のデメリットをお話ししているのを、傍で聞いているからかなのか、私も理事長も飲んでいるせいなのか、スタッフも積極的に飲んでくれています。

藤沢の順リハビリ整形外科では、職員もふくめNoコロナ感染者、Noコロナ濃厚接触者、Noクラスターを目指します。

神奈川はついに1日の感染者数が800人を超え、藤沢市でも40名を超えてきました。

まだまだ、ビタミンDを普段から積極的にサプリ等で摂って頂くことを強くお勧めします。

藤沢の順リハビリ整形外科では皆様のビタミンD不足の改善をサポートします。

ご興味があるかたは是非いらしてみて下さい。

藤沢の順リハビリ整形外科 院長渡邉順哉

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします