News & Blog

ホームニュース&ブログ地域ナンバーワンを目指して

2021.02.11 院長

地域ナンバーワンを目指して

いつもご覧いただきありがとうございます。

藤沢 駅前順リハビリ整形外科の院長渡邉順哉です。

地域の整形外科通院患者数シェアの割合

気になれない数字ですが、私も初めて聞きました。

藤沢 駅前順リハビリ整形外科が相談している経営コンサルタントが整形外科通院患者数のシェアを調べて下さいました。

二次医療圏(藤沢駅前順リハビリ整形外科から2km圏内)にお住まいで整形外科に通院されている方々のうち、27.8%が藤沢 駅前順リハビリ整形外科に通院されているそうです。

これだけでは凄いという感じがしませんが、実は26%を超えると地域ナンバーワンのシェアなんだそうです。

確かに、このコロナ禍の中で昨年4、5月頃はガクッと藤沢駅前順リハビリ整形外科に来院される患者様が減りましたが、6月以降は盛り返し、10月頃は過去最高の来院患者数となりました。

本当に藤沢駅前順リハビリ整形外科を選んで通院して頂き、ありがたい限りです。

 

院長

藤沢駅前順リハビリ整形外科では、地域のより多くの方々に「ここに来て良かった」と思ってもらうというコンセプトで診療を行っています。

例えば、医療水準は当然ですが、接遇面でも患者様が「ここに来て良かった」と感動して頂けるような医療サービスを提供していきたいと思っております。

医者というと、偉そうでタメ口で患者様相手に話す先生も少なくないと思います。(残念ながら理事長もその一人ですが)

むしろ、タメ語を使わない医者の方が少ないのではないかと思ってしまうくらい、医者の接遇レベルは最低水準です。

しかし、私は研修医の頃からそれができませんでした。

「何で医者だからって、目上の患者様にタメ口を使うの?」

私は、医者は医療知識や技術を提供して料金を頂いているサービス業の一種と考えており、別に特別偉い職業だと思ったことがありません。

だから、クライアントである患者様に、ましてや目上の人にタメ口で命令口調で話す先輩方の真似ができないちょっと変わった医者だったのかもしれません。

私は院長が率先して接遇レベルを上げなければ、他のスタッフの接遇レベルも上がらないと思っています。

藤沢 駅前順リハビリ整形外科では患者様へは当然のこと、スタッフ同士でのタメ口も禁止しています。

もちろん院長の私も一緒です。

私自身も新卒などどんな若いスタッフを雇用しても「○○さん、これお願いします」など、タメ口は一切使いません。

スタッフ同士仲が良くなってくると、プライベートの延長の感覚でタメ口が仕事中に出てしまいます。

①「〇〇さー。これ、やっといてくれるー?ありがとー!」

②「〇〇さん、これお願いできますか?ありがとうございます!」

患者様がこのやり取りを聞いていて、どちらの方が気分が良いでしょうか。

私の主観もありますが、正直②の方が明らかに印象は良いです。

当院では、マニュアルでもこういった接遇面も気を付けるように指導を行っています。

しかし、普段から意識していたはずの私でさえアンケートで「院長の笑顔が無くてちょっと怖い」と教えて頂き反省したこともあります。

まだまだ私も含め至らない点も多いですが、少しずつ接遇面でも「ここに来て良かった!」と感動を与えられる整形外科を目指していきます。

 

整形外科の医療水準においても、患者様には早く通院しなくても済む状態になって頂くことを念頭において、様々な整形外科治療法を取り入れています。

整形外科の治療法といっても、たくさんありますので、それが患者様の症状を改善していくものでないといけないと思っています。

整形外科によっては一時的に症状が取れるが2,3日でまた痛くなり通院を繰り返すような物理療法を中心とした治療法を行っている整形外科も少なくないですが、患者様にとってみればいつまでも頻繁に通院を繰り返さなければならず、決して良い治療法とは言えないと思います。

新しい整形外科の治療法を取り入れるのであれば、それは頻繁に通院してもらえるという治療法より、短期間でしっかり症状を治して通院しなくても済む状態に戻って頂くことこそ整形外科としての治療だと思っております。

慢性の痛みに関しては、デュロキセチン、ハイドロリリース、理学療法士の運動器リハビリ、再生医療、最終手段として手術といった整形外科治療が私はこれに当たると思っております。

 

このような取り組みを行ってきましたことで、昨年比から2019年から2020年は1.2倍、2020年から2021年はさらに1.2倍と藤沢駅前順リハビリ整形外科にいらしてい頂いている患者様も増えてきております。

当院は予約制のため、現在患者数増加に伴い、会計後の予約を取るという工程で渋滞が起こり、時間帯によっては会計で大変お待たせしてしまうという課題が生じています。

今年の4月には、理学療法士が1名採用・1名育休復帰、事務1名育休復帰、管理栄養士1名採用が決まっております。

リハビリ体制の強化に加え、整形外科分野の再生医療による治療、オンライン予約・問診システムの導入を行って参ります。

藤沢 駅前順リハビリ整形外科にいらして頂ける患者様が増えると、おのずと藤沢 駅前順リハビリ整形外科の経営状態がさらに良くなります。

私は自身の給与にはそれほどこだわりはないので、むしろ、さらに高い医療水準の検査・治療や、待ち時間解消などの利便性、スタッフの医療レベルや接遇レベルの向上を目的とした研修などの人材育成、に先行投資し、さらにより多くの患者様に「ここに来て良かった!」と感動を与えられる整形外科にして参ります。

中年以降で開業する整形外科の先生は、病院の整形外科で次々こなさなければならない手術に疲れ、定年後の収入源の確保も念頭に置き開業してのんびりやっていきたい先生も少なくないと思います。

対して、私は30代前半でまだまだ手術したいけれど悩み抜いた末に、父である理事長が35年藤沢で築き上げてきた渡辺整形外科を、未来永劫藤沢の地域の方々と支え合う整形外科に本気で成長させていくと覚悟を決めて開業医になりました。

この覚悟の違いを是非患者様にもスタッフにも感じて貰えるよう一層努力を続けて参ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて2/10 藤沢市発表の藤沢での新型コロナウイルス感染症新規陽性者4名でした。

今日もビタミンDです!

ビタミンDは血液検査で測定可能です、是非骨粗しょう症の検査も45歳過ぎたら受みませんか?

藤沢 駅前順リハビリ整形外科 院長渡邉順哉

 

 

 

ご要望をお気軽にお知らせください

050-5533-3845050-5533-3845

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします