News & Blog

ホームニュース&ブログ1/20 ウイルスを減らし感染対策の予防をしていきましょう

2021.01.20 院内スタッフ新型コロナウイルス感染症

1/20 ウイルスを減らし感染対策の予防をしていきましょう

 藤沢の順リハビリ整形外科から

本日は新型コロナウイルスについて正しい知識を皆様に共有できればと思い、感染経路、手指消毒について焦点を当ててお話しさせていただきます。

悲しいことに新型コロナウイルスが流行しはじめて、1年が経とうとしており私たちの生活と隣り合わせの状況が続いています。1日でも早く終息してくれることを祈っております。

コロナ禍での藤沢の順リハビリ整形外科のウイルスへの対策についてお伝えし、皆様が今後も安心して来院して頂けるように努めております。

 

・感染経路について

新型コロナウイルスへの感染はウイルスを含む飛沫が口、鼻や眼などの粘膜に触れる事、または、ウイルスがついた手指で口、鼻や眼の粘膜に触れることで起こります。

このため、飛沫を吸い込まないように人との距離を確保し、会話中にマスクを着用し、手指のウイルスは洗い流すことが大切です。さらに、身の回りのものをアルコール消毒する事で手指につくウイルスを減らすことが期待できるそうです。衣服等には除菌スプレーが使用しやすいかと思われます。

 

・手や指のウイルス対策

特に手指に有効な消毒・除菌方法は水および石鹸による洗浄、アルコール消毒液が有効と言われています。手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで100分の1に、石鹸やハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らせます。手洗いがすぐに出来ない状況ではアルコール消毒液も有効です。                

濃度70%以上95%以下のエタノールを用いて、良くすり込むことが大事です。現在、「消毒」や「除菌」の効果をうたう様々な製品が出回っていますが、目的に合った製品を正しく選び、正しい方法で使用しましょう。

また、どの消毒剤、除菌剤を購入する場合でも、使用方法、有効成分、濃度、使用期限などを確認し、情報が不十分な場合には使用を控えるようにしてください。

 

新型コロナウイルス消毒・除菌方法一覧(それぞれ所定の濃度があります)

方法 モノ 手指 現在の市販品の薬機法上の整理
水及び石鹸よる洗浄
熱水 ×
アルコール消毒液 医薬品・医薬部外品(モノへの適用は「雑品」)
次亜塩素酸ナトリウム水溶液

(塩素系漂白剤)

× 「雑品」(一部、医薬品)
手指用以外の界面活性剤

(洗剤)

(未評価)

「雑品」(一部、医薬品・医薬部外品)
次亜塩素酸水

(一定条件を満たすもの)

(未評価)

「雑品」(一部、医薬品)

 

1処置1消毒を徹底して、治療ベッドのアルコール消毒をしております。↑

 

取っ手、ドアノブなども細目にアルコール消毒を行っております。↑

 

当院では、感染を防ぐため患者様に対して検温を実施し、消毒の設置・使用を徹底しております。      ご来院された際には皆様にご協力頂いておりますのでよろしくお願いいたします。

なお、診察室・リハビリ室のベッド、ドアの取っ手、トイレ、受付周りなど、人が触れる箇所、座る場所には消毒・除菌を行っております。

さらに、職員間での感染予防の為、マスクを外しての会話は離れていても禁止、飲料を飲む際にも人の方を向かずに飲むなど飛沫感染のリスクを最小限にしております。また昼休憩時間は距離を十分にとり、食事をとるように徹底しております。

皆様各自で実施されているかとは思いますが、当院でも引き続き細心の注意を払い感染対策を行ってまいります。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

                                  藤沢の順リハビリ整形外科 S&N

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします