〒251-0024 藤沢市鵠沼橘1-1-1 第2外岡ビル 3階
藤沢駅徒歩1分(江ノ電)徒歩2分(JR線・小田急線)

お問い合わせはこちら  
0466-25-3812

頚椎椎間板ヘルニアとは

頸椎椎間板ヘルニア

《疾患概念》

頸部の椎間板組織が線維輪断裂部から脱出したもの、後方あるいは後側方へ脱出して脊髄や神経根を圧迫し、脊髄症、神経根症を生じます。中下位頸椎に好発します。30~50歳代の男性に多いが、腰椎椎間板ヘルニアとは異なり、20歳代以下の発症は少ないとされています。

《誘因・原因》

椎間板の退行変化により、椎間板組織が線維輪断裂部から脊柱管内や椎間孔内へ脱出して、脊髄症、神経根症を生じたものです。頸椎椎間板ヘルニアの脱出組織は、腰椎椎間板ヘルニアと異なり、髄核のみの場合はまれで、軟骨終板の断片を含むことが多いのが特徴です。高エネルギーの頸椎損傷で外傷性のヘルニアを生じることもありますが、病態が異なります。

《症状・臨床所見》

症状は頸椎症性脊髄症、神経根と同様となります。(頸部性脊椎症性脊髄症・神経根症の項を参照)

《検査・診断・分類》

単純X線検査:椎間板腔の狭小化や骨棘形成などがみられることもありますが、特異的な所見ではありません。発育性脊柱管狭窄(先天性の脊柱管狭窄)があると脊髄症を生じやすいため、脊柱管前後径を計測します。

MRI検査:最も有用です。椎間板の変性や脱出、脊髄の圧迫などを明瞭にとらえることができます。一般に脱出した髄核はT1強調画像で低信号、T2強調画像で高信号を呈します。加齢に伴い無症候性の椎間板変性や膨隆も増加してくるため、注意が必要となります。

CT検査:脊髄造影後のCTは術前検査として有用です。臨床所見からの高位診断と画像のヘルニア高位の一致により確定診断となります。

《治療》

保存療法:頸椎症性脊髄症・神経根症と同様に、投薬、頸椎カラー固定、牽引、神経ブロックなどで治療することが多いです。手術療法:保存治療抵抗性の神経根疼痛や頸髄症は手術治療の対象となります。通常、前方除圧固定術が行われます。発育性脊柱管狭窄症を伴う場合、固定術後の隣接椎間板障害を懸念して椎弓形成術が行われることもあります。

 

お問合せはこちら

 予約・お問合せ

0466-25-3812

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
■休診日
 土曜午後・日曜・祝日

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
 休診日:土曜午後・日曜・祝日