Hydrorelease

ホーム受診される方筋膜リリース(ハイドロリリース)注射外来

筋膜リリース(ハイドロリリース)注射外来について

筋膜リリース(ハイドロリリース)注射外来

筋膜リリース(ハイドロリリース)注射外来

ハイドロリリース注射とは

院長の渡邉順哉です。
最近、テレビでも良く取り上げられるようになった筋膜リリースですが、注射で視覚的に行える筋膜リリース、それがハイドロリリースとよく呼ばれている治療法です。

私が始めたきっかけは、注射でも何でもいいから今すぐに痛みが取れる治療を希望された急性腰痛の中年男性の方に対して、行ったのが始まりでした。
その方は、腰が痛くて立つのもゆっくり支えながらでやっとという状態でした。
押して痛い箇所(脊柱起立筋)を超音波検査で確認しながら、その筋膜に生理食塩水に少量の局所麻酔薬(保険診療で行うためには一緒に打つ必要があるため僅かに加えていますが効果は求めていません)を加えた注射液を、ピンポイントで注射します。

下の写真の赤い矢印のところが筋膜で、そこにピンポイントで注射をすると写真のように筋膜が広がっていくのがよくわかります。
ほとんど水なのですが、効果の程は・・・(広告規制の問題で書けないので)効果の程はこちらをご覧下さい。

⇒「エコーガイド下 Fascia リリースの治療効果 ― Fascia の痛みの原因と多職種連携の必要性について―

  • 剥がす前の筋膜(赤矢印)

  • 筋膜に水が入り膨らんだ状態(赤矢印)

局所麻酔剤が効く量ではないですし、効くには早すぎるので生理食塩水によって痛みのある筋膜が剥がされ筋膜の滑走性が得られたり、筋膜間にある疼痛の原因物質が洗い流されて痛みが改善するという説があるようです。

それ以降、肩痛、腰痛や背部痛、頚部痛、膝痛、手の痛みなど、押して痛みのある筋肉の痛みについて様々な部位にハイドロリリースを行っては、効果を確認しています。

水の注射なので安全性は高く、押して痛みがある方や筋肉の部分に痛みがある方は一度検討してみても良いと思います。

最近は、この治療法を目的に受診される方も増えてきております。

トップアスリートから未成年から高齢者まで幅広く注射を行っています。

部位は五十肩が最も多いですが、続いて肩こりの部位、あとは腰痛、たまに膝などといった感じでしょうか。

多い日は1日10件以上、少ない日でも5件くらい打っていますので、年間ペースだと1000~2000件行っています。

最近は、私自身も大腿四頭筋やハムストリングスの痛みに対して自分で自分に何度かハイドロリリースを行っています。

注射は痛そうで嫌だなという先入観はあると思います。私もそうでしたが、最近は藤沢駅前順リハビリ整形外科で使っている一番細い針での注射を行いますので、注射時の痛みは軽減されています。

治療の流れ

初回は保険診療で行えます。1回目で痛みが良くなる方もいますが、何回も打たないと効かない方もいます。2回目以降は超音波検査を併用するハイドロリリース注射は自費(5500円税込)になります。※部位によっては月1回は保険診療で行える場合がございます。診察時にご相談下さい。

超音波検査を使用しないトリガーポイントについては保険診療で行えますが、筋膜には正確に打つのは困難です。注射の頻度の制限は特にありませんが、1~2週間に1回がおお勧めです。1回で効果が少ない場合は繰り返し打ちます。

また、打った生理食塩水も1週間もすれば吸収されて無くなってしまい、また筋膜の滑走性が悪くなってきます。そのため、その間に理学療法士の運動器リハビリテーションを併用し、ストレッチなどの自主トレーニングを正確に指導してもらい自宅で毎日行うことがとても大事です。

ハイドロリリース注射は、当院では初診予約で希望頂ければ注射は可能です。
ご興味のある方は院長の私に一度ご相談下さい。

自費で局所麻酔を使わなければ妊娠中の方、局所麻酔アレルギーの方もご使用になれます。

副作用は、注射時の針の痛み程度です。

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします