Breakdown due to sports

ホーム病気・怪我の治療方法 スポーツで故障した靭帯損傷について

靭帯損傷

靭帯損傷について

《疾患概要》

生理的可動域を超えた運動が膝関節に強制されると、前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯が損傷されやすい、損傷の程度によって軽度の損傷、部分断裂、完全断裂に分けられます。主にスポーツや交通事故などが原因となります。

《誘因・原因》

スポーツや交通事故による損傷が多く、前十字靭帯は、バレーボールやバスケットボールなどの着地やジャンプ、急な方向転換などで損傷しやすいとされています。後十字靭帯は、ダッシュボード損傷など接触型の事故で損傷しやすいです。内側側副靭帯は、外反を強制されたときに損傷しやすいです。

《症状・臨床所見》

受傷時に、断裂音(POP音)が聞かれることがあります。膝関節痛、膝関節血腫、膝くずれや不安定感が生じます。

《検査・診断・分類》

検査は、各種の徒手検査法、関節内血腫、ストレスX線検査、MRI検査、関節鏡などで総合的に判断します。靭帯損傷は3段階に分類されます。

靭帯損傷の分類

重症度分類 異常可動性(不安定性) ストレスX線撮影
関節裂隙開大
第1度靭帯損傷
(最小限度の断裂)
第2度靭帯損傷
(部分断裂)
+ +

第3度靭帯損傷
(完全断裂)

++ ++

受傷後3か月を過ぎると慢性期になりますが、関節の不安定性が残る場合があります。とくに前十字靭帯は、膝くずれが起きると、二次的に半月板損傷や軟骨損傷を引き起こします。

《治療》

筋肉トレーニング等の保存療法が基本となりますが、膝くずれが頻回に起きる場合は、再建術を検討します。

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします