Pain in the shoulders, arms or hands

ホーム病気・怪我の治療方法 肩から腕や手の痛み・痺れ肩関節周囲炎(五十肩)とは

肩関節周囲炎(五十肩)

肩関節周囲炎(五十肩)とは

《疾患概念》

初老期に生じる明らかな起因を証明しにくい肩関節疾患です。疼痛と可動域制限(動きの制限)を伴い、ある期間を経過すれば自然に軽快しますが、拘縮(筋肉が硬くなり、動きが制限されること)が残存する場合もあります。

《誘因・原因》

広義の肩関節周囲炎には、①肩峰下滑液炎あるいは腱板炎、②腱板断裂、③石灰性腱炎、④上腕二頭筋長頭腱炎、⑤凍結肩(frozen shoulder)などの病態が含まれます。狭義の肩関節周囲炎(五十肩)は凍結肩をさします。加齢・過労による肩関節構成体の変性を基礎にして発症すると考えられています。

《症状・臨床所見》

症状には肩関節の可動域制限(自動運動と他動運動の両方)と疼痛です。五十肩(凍結肩)には①強い疼痛(フリージング期)、②拘縮が完成(フローズン期)、③拘縮が次第に回復(ソーイング期)の3つの病態があります。

《検査・診断・分類》

レントゲン検査で特有の所見はありません。

《治療》

保存的治療が原則で、マイクロ波や超音波などの物理療法や痛み止めや湿布や肩峰下滑液包へのステロイド+局所麻酔注射もしくはヒアルロン酸注射といった薬物療法、理学療法士の施術(運動器リハビリテーション)での可動域改善や体操指導などが行われます。

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします