Pain in the shoulders, arms or hands

ホーム病気・怪我の治療方法 肩から腕や手の痛み・痺れ頚椎症性神経根症とは

頚椎症性神経根症

頚椎症性神経根症とは

《疾患概念》

頚椎症に伴って脊柱管や椎間孔の狭窄を生じ、神経根症を呈した状態をいい、中高年の疾患です。神経根症は保存的治療で治癒することが多く、手術治療まで必要にならないことが多いです。

《誘因・原因》

前方からはルシュカ(Luschka)関節や椎体後側方の骨棘により、後方からは椎間関節の肥厚により椎間孔の狭窄を生じ、神経根が圧迫され症状が出たものをいいます。

《症状・臨床所見》

神経根の刺激症状として、多くは一側性に上肢のしびれ、疼痛が出現します。スパーリング(Spurling)テスト陽性となることが多いです。頭部を後屈および側屈させた状態で注意深く下方に圧をかけます。椎間孔を狭めて神経根に刺激を加えることで、患側上肢の疼痛を誘発します。

《治療》

投薬(消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、ビタミンB12、激痛に対しては短期の副腎皮質ステロイド薬内服)、頸椎カラー固定など保存治療で治癒することが多いです。難治例では神経ブロックや手術治療(前方あるいは後方からの椎間孔除圧術)が行われることもあります。

《検査・診断・分類》

単純X線検査:前後像・側面像でアラインメント異常、骨棘、発育性狭窄の有無を、斜位像で椎間孔狭窄の有無を、前後屈像で不安定性(3mm以上のずれ)やdynamic stenosisの有無などを確認します。

MRI検査:神経根圧迫の程度を非侵襲的に把握できる検査です。

CT検査:骨棘を含めた脊柱管や椎間孔の骨性形態の評価を行います。

ご要望をお気軽にお知らせください

050-5533-3845050-5533-3845

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日・年末年始

監修医師紹介

監修者画像

渡邉 順哉 医師

所属組織

開業後2年間で、全国から患者様が来院する整形外科へと成長させた。年間のべ1万人以上を診察し、得意分野は骨粗鬆症の他、関節疾患などのハイドロリリースや再生医療、理学療法士のリハビリ。モットーは「体の悩みを解決できる最適な提案をする」こと。

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします