Pain in the waist, knees or legs

ホーム病気・怪我の治療方法 腰から膝や足に掛けた痛みや痺れ腓骨神経麻痺とは

腓骨神経麻痺

腓骨神経麻痺とは

《疾患概要》

総腓骨神経は、腓骨頭の外側を巻くようにして皮膚の下にあるため、同部位での圧迫(長期のベッド生活が続いたり、ギプス固定など)により麻痺を起こしやすくなります。

《誘因・臨床所見》

腓骨頭部(膝外側)の外部からの圧迫により生じるものが多く、牽引などで長期のベッド生活が続いたり、固定や手術中・手術後で生じることがあり、注意を要します。

《症状・臨床所見》

総腓骨神経は、感覚(下腿外側、足背)や運動(足関節および足趾の背屈)を支配しています。下腿の外側から足背ならびに足趾背側にかけて感覚が障害され、しびれたり、触った感じが鈍くなります。また、足首と足の指が背屈できなくなり、下垂足(drop foot)となります。

《検査・診断・分類》

問診による病状の進行状態を把握し、神経伝達速度、MRI、筋電図検査により、腓骨神経麻痺を診断します。

《治療》

しびれの発症直後は、浮腫の予防・改善のために足を上げたり、弾性包帯などによる圧迫、マッサージなどが効果的です。圧迫の回避・除去、局所の安静、薬物療法、運動療法などの保存的療法と手術療法があります。骨折や脱臼などは手術が行われます。神経損傷がある場合は、神経剥離、神経縫合、神経移植などの手術が行われます。

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします