Pain in the shoulders, arms or hands

ホーム病気・怪我の治療方法 肩から腕や手の痛み・痺れドケルバン病・ばね指とは

ドケルバン病・ばね指

ドケルバン病・ばね指とは

《疾患概念》

腱が腱鞘内で滑動障害を起こし、痛みや運動の制限をきたす疾患です。ドケルバン病は伸筋腱の橈骨茎状突起部での障害、ばね指は屈筋腱のMP(指の付け根)関節部での障害です。

《誘因・原因》

腱は、力を有効に伝え、指の動きを滑らかにするよう、途中トンネルのような腱鞘の中を通って浮き上がりを防いでいます。腱鞘内で炎症の起こる疾患が腱鞘炎です。発症の原因は不明であり、女性に多く、労作の量とは必ずしも関係しません。腱と腱鞘のサイズの不均衡など解剖学的要因が考えられています。ドケルバン病は、手関節の橈側(母指側)にある腱鞘とその中を走行する短母指伸筋腱と長母指外転筋腱に炎症が起こります。ばね指は、指を曲げる屈筋腱と、この腱を押さえている腱鞘との間で起こる炎症によるものです。

《症状・臨床所見》

□ドケルバン(de Quervain)病

手関節や母指を動かしたときに、橈骨茎状突起部に疼痛を生じ、同部に圧痛が強くでます。母指を中にして握りこぶしをつくらせ、手関節を尺屈させると強い疼痛を生じます(フィンケルシュタインテスト)

□ばね指

母指、次いで中指、環指に多くみられます。指の屈曲、伸展時に疼痛を訴え、弾発現象(指の屈曲、伸展時の途中でひっかかる現象がみられ、ある一定の角度を通過すると急にバネのように屈伸できる状態)がみられます。MP関節(指の根元の関節)掌側に強い圧痛があり、指を自動運動させるとクリック(コキっと鳴る感触)が触知できます。重症例ではPIP(第2関節)関節の屈曲拘縮を起こすこともあります。

《検査・診断・分類》

症状より診断は容易です。ガングリオンを合併することはしばしばあります。鑑別すべき疾患としては、変形性関節症による拘縮です。関節リウマチ、腱損傷による弾発現象などがあります。

《治療》

軽症例では、安静を保ちながらストレッチングを行います。疼痛が強ければ、副腎皮質ステロイド薬と局所麻酔薬の腱鞘内注射を行います。保存治療で効果がない場合、患者が希望すれば手術を行います。局所麻酔下に狭窄部の腱鞘を切開します。手術の合併症として神経損傷に注意が必要です。

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします