Joint outpatient

ホーム★予約はこちら★関節専門外来

関節専門外来について

関節専門外来

関節専門外来

関節専門外来とは

関節外来では、肩、肘、手首、股関節、膝、足首、手足などあらゆる全身の関節に関する診療を行っています。
まだどこも受診していない方から、他で治療を受けているがでなかなか良くならないなどお困りの方はご相談下さい。

対象なる症状

関節外来では、肩、肘、手首、股関節、膝、足首、手足などあらゆる全身の関節に関する診療を行っています。
まだどこも受診していない方から、他で治療を受けているがでなかなか良くならない方など。

対象となる疾患

  • 肩関節周囲炎(五十肩)、肩腱板断裂、石灰沈着症、変形性肩関節症、肩鎖関節炎、上腕二頭筋長頭腱炎
  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)、変形性肘関節症、滑液包炎、肘部管症候群
  • 手首
    変形性手関節症、腱鞘炎(ドケルバン病)、ガングリオン、尺骨突き上げ症候群、月状骨軟化症(キーンベック病)、関節リウマチ
  • 変形性関節症(へバーデン結節、ブシャール結節、CM関節症)、ガングリオン、ばね指、手根管症候群、関節リウマチ
  • 股関節
    変形性股関節症、臼蓋形成不全、FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)、梨状筋症候群、大腿骨頭壊死症、単純性股関節炎、先天性股関節脱臼、大腿骨頭すべり症、ペルテス病
  • 変形性膝関節症、大腿骨内顆骨壊死、半月板損傷、ベーカーのう腫、ガングリオン、O脚、X脚、タナ障害、膝蓋下脂肪帯炎、腓骨神経麻痺
  • 足首
    変形性足関節症、アキレス腱周囲炎、足根管症候群
  • リスフラン関節症、ショパール関節炎、足底筋膜炎、外反母趾、扁平足障害、痛風関節炎

診療の流れ

触診では、関節の押した痛み、腫れ、熱をもっていないか、曲げ伸ばしなどをした際に角度の制限や痛みがないかどうかなどを調べます。
レントゲンや超音波の検査を行います。その結果、半月板や腱や靱帯などの問題の場合はMRIの撮影をお勧めする場合があります。
MRI検査は近隣の医療機関に、患者様のご都合を伺いながら、当院で予約をお取りし、ご案内致します。(最短で当日撮影も可能)

治療の流れ

  • 01

    運動器リハビリテーション・物理療法

    ①運動器リハビリテーション(予約制、1回20分)
    理学療法士による関節周囲の筋力強化、可動域訓練、歩行訓練 →リハビリテーションページへ

    ②物理療法

    体外衝撃波治療(集束型・拡散型)
    痛みの原因となる神経を破壊、組織修復を促し、1~数回で十分な除痛効果が期待できます。
    ・超音波治療、低周波治療(予約不要、1回5~10分)
    体外衝撃波ほどではありませんが、似たような除痛効果があります

  • 02

    薬物療法

    ・痛み止めの内服 →全て処方可能
    ロキソニン(ロキソプロフェン)、セレコックス(セレコキシブ)
    →急性期は強力に効くが、長期使用により消化管潰瘍や腎機能障害のリスクあり。
    サインバルタ(デュロキセチン)
    →慢性痛に効果的だが、嘔気・便秘の副作用が多い。やや骨粗鬆症のリスクあり。
    ノイロトロピン
    →慢性痛に効果は期待できるが、弱く軽症の症例に限定される。副作用はあまりなし。
    カロナール
    →慢性痛に効果は期待できるが、弱く軽症の症例に限定される。副作用はあまりなし。

    ・湿布などの外用薬
    ロコアテープ →最強の湿布、凄い効くがかぶれやすい。1日2枚まで、ロキソニンなどの内服薬と併用禁。
    保険適応は変形性関節症のため、若年者は保険適応外。市販されていない。
    ロキソニンテープ、ジクロフェナクテープ
    →市販されている一般的な湿布。1日1回。パップ剤よりもかぶれやすい

    モーラステープ→ロキソニンテープと効果は堂々だが、紫外線が当たる部分に貼ると皮膚炎を起こしやすい。

    アドフィードパップ、ロキソニンパップ、モーラスパップ
    →テープ剤よりもかぶれにくいが、剥がれやすい。水分を多く含み冷感効果はあり。1日2回。

    ローション、ゲル、スチックなどの塗布剤
    →どれも効果は似たり寄ったり、湿布よりもかぶれにくいが、頻回に塗らないといけない。

    ・ヒアルロン酸注射 →当院ではアルツのみ。
    アルツ、スベニール→1~2週間に1回。ヒアルロン酸の分子量の違いはありますが、効果はほぼ同等。
    (サイビスク→1週間に1回を3回。アルツやスベニールよりも効果は見込まれるが、関節が腫れる場合も。)
    (ジョイクル→4週間に1回。一番強力なヒアルロン酸注射ですが、死亡報告例あり。
    ※5000人以上使用して、10人がアナフィラキシーショック、うち1例死亡。)

    ・ハイドロリリース注射
    →生理食塩水を使った注射。関節内の異常には効果はないが、関節外の筋肉や神経などの痛みには効果的。
    当院では1万例以上の実績があり、全国からハイドロリリースを目的で来院されています。

    ※ステロイド注射:炎症を抑えるためには効果的ですが、長期的な効果は不十分で、組織を脆くしてしまうデメリットを抱えているため当院では安易に使用しないようにしています。水溶性と混濁性の二種類があり、より混濁性の方が強力な分、組織へのダメージも懸念されているため、同部位には1度限りにした方が望ましいです。

  • 03

    装具

    サポーターや足底板を作ります

    ※週1回木曜日午後に装具業者が対応

  • 04

    再生医療

    再生医療の注射は、保存治療と手術治療の間に位置する治療で、いかに手術をしないかを目的とした治療になります。大きく3つ紹介いたします。

    PFC-FD:自己血液から成長因子を取り出し、フリーズドライ化したもの。生理食塩水などに溶かして関節などに打つことで痛みや炎症を抑える効果が見込める。血液採取してから3週間~半年以内であれば治療可能。

    PRP(APS):自己血液から血小板を多く含む血漿を関節に打つことで、PFC-FDよりもやや強力に炎症を抑える効果が期待できるが、注射当日はやや痛みが悪化する場合があり。血液採取した当日に注射。

    ③脂肪幹細胞治療(ASC):腹部などから採取した脂肪幹細胞を培養して、関節に戻すことにより関節内で組織修復に働く細胞に変化し、組織修復を促してくれる。PFC-FDやPRPとの併用でより高い効果が見込める。3つの中では最も高額な治療。※当院では導入検討中。

    その他、再生医療の手術もあります。

  • 05

    手術

     上記の4つを試しても、十分に痛みが取れない場合や手術しないとより思い後遺症に悩まされる可能性が高い場合などの最終手段です。

    ①関節鏡手術:膝と肩がほとんど、股関節は少なく、足首・肘・手首などはさらに少ない。

    ②骨切り術:膝がほとんど。一部股関節や肩、足首、手首も行う場合もあります。

    ③人工関節置換術:膝、股関節、肩、(足首、肘、手首、指)など

    ※膝と股関節と肩以外はリウマチ用がほとんどで耐久性の問題でまだまだ課題があります。

    番外編
    ④再生医療手術 → 主に膝関節に対し、一部の病院で実施されている治療法です。
    骨髄刺激法    :欠損した軟骨部分の骨に穴を開け、骨髄から組織修復を促し再生を試みる手術
    骨軟骨柱移植術  :荷重負荷の掛からない部分の軟骨と骨を円柱状にくりぬき、欠損部に埋める手術
    自家培養軟骨移植術:関節軟骨を一部取り出し、1カ月ほど培養してシート状にして欠損部に戻す手術

手術紹介先は手術・リハビリテーションともに充実している病院へのご紹介をお勧め致しますが、最終決定はご本人様のご意向によって決定いたします。

ご要望をお気軽にお知らせください

050-5533-3845050-5533-3845

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日・年末年始

監修医師紹介

監修者画像

渡邉 順哉 医師

所属組織

開業後2年間で、全国から患者様が来院する整形外科へと成長させた。年間のべ1万人以上を診察し、得意分野は骨粗鬆症の他、関節疾患などのハイドロリリースや体外衝撃波、再生医療、理学療法士のリハビリ。モットーは「体の悩みを解決できる最適な提案をする」こと。

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします