Medical equipment

ホーム当院のご案内設備紹介

検査関係の設備をご紹介します

設備紹介

検査機の紹介

骨密度測定装置(GE社製)

骨密度測定装置骨密度検査は、骨粗鬆症ガイドラインで推奨されている腰椎と大腿骨を仰向けになった姿勢で5分ほどで測定します。(GE社のみで採用しているワンスキャンシステムにより他社製品よりも短時間での撮影が可能)X線は多少発生しますが、当院の骨密度検査機は飛行機で国内旅行した際に被爆する放射線量よりも低いので、あまり気にする必要はありません。4ケ月に1回のペースで対応可能で、骨代謝マーカー(骨を作る力の指標となる骨形成マーカー、骨を壊す力の指標となる骨吸収マーカー)やビタミンDなどの血液検査も合わせて行うことで、様々な治療選択が可能になります。2018年までは最も効果のあるとされてきたテリパラチド製剤(計2年間、毎日皮下注もしくは、週1回)に加え、2019年に入りさらにロモソズマブ製剤というテリパラチド製剤以上の効果を期待できる骨粗鬆症治療薬が発売となりました。女性は閉経とともに急激に骨密度が低下し年齢とともに多くの方が骨粗鬆症に移行し、50代でも骨粗鬆症と診断される方も少なくありません。従って、女性で50代以降の方は1度、骨密度の検査を強くお勧めします。男性の方でも、まれに骨密度が低い方がいらっしゃるので、特にやせ型や運動不足の方は一度検査をお勧めします。

超音波診断装置 (KONICA MINOLTA社)

超音波診断装置超音波検査により、直径1mm程度の筋束や神経束の線維構造まで鮮明に描出することができるため、高画質な画像による詳細な診断が可能となりました。
骨折についても、レントゲンと組み合わせることで診断率の向上を望めます。
骨折以外にも関節炎、靭帯損傷、腱板断裂、肉離れ、軟部腫瘍、皮下血腫などの診断、注射などにも有効です。当院では、数ある超音波検査器の中から整形外科の疾患を診断しやすい超音波検査器を導入致しました。

ハイドロリリース注射は超音波の検査機が必須のアイテムになります。

さらに、理事長も超音波検査を開始、院長がスポーツ現場で使用したり、理学療法士が施術の参考にしたいと、もう1台の超音波検査機を導入しました。コンパクトですが、より深い部分まで鮮明に検査が可能な機種となります。

単純X線装置、画像表示装置 (TOSHIBA社製、FUJIFILM社製)

数年前から使用していたフィルムレスの画像システムでしたが、2019年3月、カセットも不要なものを導入致しました。撮影からの画像結果の閲覧が可能になるまでの時間が数秒と大幅に短縮されたことで、待ち時間の短縮になります。さらに高画質化に伴いより詳細に診断が可能になっています。

  • 単純X線装置

  • 画像表示装置

体組成計

体組成計部位別の筋肉量や体脂肪量を調べることができます。
関節負担軽減を目的としたダイエットや骨粗しょう症やロコモティブシンドロームなどに対する栄養状態改善を数値化してモチベーションアップが可能です。
家庭用の物より、さらに高精度で検査が可能です。

費用(自費)

  • 1回

    500

物理療法機器

低周波治療器

低周波治療器

微弱電流を患部に流す電気治療。
3つのモードにより、筋力を向上させるモード、痛みを緩和させるモード、組織修復や神経痛や痺れを改善させるモードに分かれます。
繰り返し行うことで徐々に症状が緩和していきます。
怪我や麻痺による筋力低下も改善することができます。

超音波治療器

超音波治療器治療用の超音波を患部に当てることにより痛みや炎症を緩和します。
患部の炎症を緩和して痛みを取ったり、組織修復を促進したり、長時間(20分)当てることで骨折した箇所の治癒が最大40%程度速くなります。

トレーニング機器

3次元加速度トレーニング装置

3次元加速度トレーニング装置1分間に数十回振動することで、短時間でトレニンーグ効果を得られます。
筋力強化やストレッチ効果の他、骨折の予防としても有効で骨密度が上がると研究で証明されたトレニンーグ機器になります。
興味のある方は受付・院長に一度ご相談下さい。

費用(自費)

  • 1回

    500

その他設備の紹介

電子カルテ

電子カルテ紙カルテを廃止し電子カルテ化をすることで、同時に院内のどの場所でも、受診された方のカルテ情報を閲覧・共有・更新が可能となりました。紙のカルテでは手計算が必要でしたが、電子カルテでは自動的に計算してくれるため、会計までの時間の短縮になります。最近では、再診や検査のオンライン予約や、初診予約も可能となりました。

自動釣銭機

自動釣銭機最新の自動釣銭機を2台導入しました。
1日多い日で200人以上の会計に即座に対応するために、診療内容が電子カルテで確定すると、電子カルテと連動して会計を瞬時に表示致します。お会計時間が短くなり、待ち時間短縮に繋がっています。

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします