Pain in the shoulders, arms or hands

ホーム病気・怪我の治療方法 肩から腕や手の痛み・痺れ尺骨神経麻痺とは

尺骨神経麻痺

尺骨神経麻痺とは

《疾患名》尺骨神経麻痺

尺骨神経は、感覚では環指尺側1/2と小指の掌背側を運動では主に手内筋(intrinsic muscle)を支配しています。尺骨神経が麻痺すると、支配する手内筋の麻痺により環小指のMP関節過伸展、PIP/DIP関節屈曲位となり、鉤爪指(claw finger)を呈します。

尺骨神経麻痺の原因としては、刃物やガラスなどによる直接損傷や圧迫による間接的な損傷、また、絞扼性麻痺としては肘部管症候群と尺骨管症候群があります。

※◇DIP関節:指の先端から最初の関節。末節骨と中節骨の間の関節
◇PIP関節:指の先端から2番目の関節。親指には無い
◇MP関節=MCP関節:指の根元の関節。
◇MTP関節:中足指節関節のことで,英語名 metatarsophalangeal joint を略した呼び方。足の指の付け根にある関節のこと

 

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします