Pain in the shoulders, arms or hands

ホーム病気・怪我の治療方法 肩から腕や手の痛み・痺れ手根管症候群とは

手根管症候群

手根管症候群とは

《疾患概念》

手根管内で正中神経の伝導が障害される疾患です。母指から環指のしびれ、母指球筋の筋力低下を生じます。女性に起こる特発性のものが多いです。

《誘因・原因》

特発性(原因不明)が圧倒的に多い、女性、とくに妊娠出産期や更年期に多く、女性ホルモンの影響が考えられます。外傷による腫脹や、関節リウマチなどの滑膜炎により生ずる二次性のものもあります。

《症状・臨床所見》

自覚的には正中神経領域のしびれ感や痛みを訴えます。他覚的には同部位の感覚障害を生じます。進行例では母指球筋の筋力低下により対立運動(手指対立運動とは、母指と他の指を合わせて摘む運動)の障害が出ます。

《検査・診断・分類》

正中神経の神経伝導速度検査で、手根管内での伝導遅延が認められれば診断が確定します。

《治療》

軽症例では安静、ビタミンB12投与、副腎皮質ステロイド薬の局注などにより改善することも多いです。症状が改善しなければ手術=諸根管開放術を行います。手根管の屋根である屈筋支帯を切離して手根管の容積を広げる手術(屈筋支帯切開法)で、手掌を切開する直視下法と、鏡視下で行う方法があります。

 

ご要望をお気軽にお知らせください

050-5533-3845050-5533-3845

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日・年末年始

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします