〒251-0024 藤沢市鵠沼橘1-1-1 第2外岡ビル 3階
藤沢駅徒歩1分(江ノ電)徒歩2分(JR線・小田急線)

お問い合わせはこちら  
0466-25-3812

肩胸鎖関節、胸鎖関節の脱臼とは

肩鎖関節脱臼、胸鎖関節脱臼

疾患概念》
肩甲骨の肩峰と鎖骨遠位端で構成される肩鎖関節と、胸骨と鎖骨近位端で構成される胸鎖関節があり、外傷により脱臼してしまうことがあります。胸鎖関節脱臼は肩鎖関節脱臼と比べ比較的まれです。
                                                              

《誘因・原因》

肩鎖関節脱臼は、コンタクトスポーツで肩を下にして転倒したときに多くなります。胸鎖関節脱臼は、肩外側からの介達外力や前方からの直達外力で生じますがまれです。

《症状・臨床所見》

肩鎖関節脱臼は、鎖骨外側端が頭側に突出し、これを圧迫すると整復(正しい位置に骨が戻ること)されるが手を離すと脱臼位に戻るpiano key signを認めます。前方脱臼は肩関節の過度の外転・外旋などによって起こり、脱臼骨頭は肩甲骨関節窩前方・烏口突起下に位置します。後方脱臼は肩関節の過度の内転・外旋位強制で生じ、骨頭は肩甲骨関節窩後方に位置します。前方より頻度は低くなっています。胸鎖関節脱臼はまれで、多くは前方脱臼であり、後方脱臼は縦隔損傷を疑います。

 

《検査・診断・分類》

単純X線検査では鎖骨前後像のほか、骨折部位により肩鎖関節、胸鎖関節撮影も確認します。脱臼の程度は、健側を撮影して左右を比較します。Ⅰ型は烏口鎖骨靭帯が正常で転位の少ない骨折で、安定しているため、保存療法の適応となります。Ⅱ型は烏口鎖骨靭帯の損傷があり、転位の大きい不安定型骨折で手術の適応となります。Ⅲ型は肩鎖関節内骨折で、関節症性変化をきたしやすくなっています。

          

外傷性肩鎖関節脱臼は柔道やラグビーなどで転倒して肩を強打した場合に起きることが多く、烏口鎖骨靭帯の断裂が脱臼の程度と関係します。治療は、ロックウッド分類に基づきⅠ型、Ⅱ型は保存的に、Ⅳ型以上は手術的に治療されることが多く、Ⅲ型は疼痛や美容(外見)上の理由から手術が選択されることがあります。

Ⅰ型(捻挫)  :肩鎖靭帯が部分的に損傷しているものです。

Ⅱ型(亜脱臼) :肩鎖靭帯が断裂し、烏口鎖骨靭帯が部分的に損傷しているものです。

Ⅲ型(脱臼)  :肩鎖靭帯・烏口鎖骨靭帯がともに断裂し、鎖骨が前方にずれているも                のです。

Ⅳ型(後方脱臼):肩鎖靭帯・烏口鎖骨靭帯がともに断裂し、鎖骨が後方にずれているも                のです。

Ⅴ型(高度脱臼):肩鎖靭帯・烏口鎖骨靭帯がともに断裂し、鎖骨が完全にはずれているも               のです。

Ⅵ型(下方脱臼):鎖骨の端が下にずれいているもので、非常にまれです。

 

《治療》

Ⅰ型、Ⅱ型は三角巾での保存加療、Ⅲ型は仕事やスポーツによって保存加療か手術加療を選択します。

Ⅳ型、Ⅴ型、Ⅵ型は保存加療ではよくならないため原則手術加療となります。

お問合せはこちら

 予約・お問合せ

0466-25-3812

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
■休診日
 土曜午後・日曜・祝日

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
 休診日:土曜午後・日曜・祝日