〒251-0024 藤沢市鵠沼橘1-1-1 第2外岡ビル 3階
藤沢駅徒歩1分(江ノ電)徒歩2分(JR線・小田急線)

お問い合わせはこちら  
0466-25-3812

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症

疾患概念》

加齢により膝関節機能が低下して、軟骨の摩耗、半月の変性・断裂、骨の変性・変形が生じる疾患です。関節炎をおこし、進行すると関節の変形が顕著になり、慢性的な疼痛や関節可動域制限により歩行が困難になるなどADLが著しく障害されます。患者数700万人以上と推計されています。

《誘因・原因》

加齢による緩徐な膝関節の機能低下が主な原因となり、軟骨の摩耗、半月の変形・断裂、骨の変性・変形が徐々に生じ、疼痛を伴う膝関節炎を発症します。加齢以外の明らかな原因があって発症するものを二次性膝関節症といいます。主な原因としては、膝関節内骨折、靱帯損傷、化膿性膝関節炎、痛風などの疾患が挙げられます。

 

《症状・臨床所見》

初期には、歩行開始時や坐位からの立ち上がり時に膝の内側に痛みがみられます。症状が進行すると、歩行や階段昇降など関節の運動に伴い、疼痛が生じます。骨の変形が進むと、立位での膝関節屈曲、O脚などが顕著になります。触診で関節裂隙(かんせつれつげき)の圧痛、関節の腫脹を認め、ときに関節液が過剰になり関節水腫を呈します。

 

《検査・診断・分類》

診断は問診、視診、触診、関節液検査、X線検査、血液検査、MRIで判断します。関節リウマチ、単純性関節炎、半月損傷、靭帯損傷、化膿性関節炎、痛風や偽痛風による結晶性関節炎などとの鑑別判断が必要となります。

 

《治療》

保存療法を行い、効果がない場合に手術療法を検討します。手術療法とは、関節鏡による鏡視下手術、骨切り術や人工関節形成術などがあります。疼痛やADL制限が持続すると、うつや認知症を誘発することがあります。

□主な保存療法

生活指導:過度の運動制限、肥満解消など

物理療法:温熱療法、冷療法など

薬物療法:内服薬、関節内注射など

装具療法:サポーター装着など

運動療法:筋力トレーニング、関節可動域訓練など

 

お問合せはこちら

予約(初診・再診)・お問合せ

0466-25-3812

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
■休診日
 土曜午後・日曜・祝日

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
 休診日:土曜午後・日曜・祝日