〒251-0024 藤沢市鵠沼橘1-1-1 第2外岡ビル 3階
藤沢駅徒歩1分(江ノ電)徒歩2分(JR線・小田急線)

お問い合わせはこちら  
0466-25-3812

肋骨骨折について

肋骨骨折

《疾患概念》

胸部に直達または介達外力によって起こります。直達外力には転倒、転落などがあります。介達外力には長引く咳や上体をひねり筋力に牽引されるような動作が続くときにも生じることがあります(疲労骨折)。肋骨は相互間が比較的強固に連結されているため転位は少ないのですが、複数の骨折では、血気胸(肺の損傷のため肺と肋骨の間に空気や血が漏れ出てしまうもの)、奇異呼吸(左右非対称な動きや胸部と腹部が同調していない、胸郭の一部が他と逆の動きをする)、動揺胸郭(肋骨が2カ所以上で骨折した場合にみられ、骨折部の分節が呼吸運動とは逆の動きをするもの)の合併をみることがあります。

《誘因・原因》

強い直達外力により生じますが、骨粗鬆症などの骨脆弱性がある場合、咳や転倒などの軽微な外力で生じることもあります。ゴルフのスウィングなど同一作業の繰り返しによる疲労骨折もあります。

《症状・臨床所見》

局所の疼痛、圧痛、運動時痛があり、呼吸や咳・くしゃみなどによって著明となります。意識障害やチアノーゼがある場合、肺・縦隔損傷で血気胸、大血管損傷の可能性も考えておく必要があります。同一肋骨で2か所以上折れている場合、胸郭の運動をみて奇異呼吸がないかみておきます(フレイルチェスト)。

《検査・診断・分類》

レントゲンを撮って骨折線を確認します。ずれがない場合、レントゲンでは分からない場合があります。その場合は超音波検査を併用して診断する場合があります。骨折線が認められなくても、明らかな外傷歴と軽い呼吸でも疼痛がある場合には骨折として治療します。

骨折の転位が大きく、気胸や血胸が疑わしい場合は、CTを撮影する場合があります。

《治療》

胸郭の動きを抑制し、骨折部の安静を保つために胸部固定帯を用います。血気胸など肺損傷の場合は、胸腔ドレナージが必要となるため、大きな病院へ緊急で紹介受診して頂く必要があります。骨折に対しての手術適応は、高度のフレイルチェストを認める場合などに限られ、ほとんどの場合は保存加療で治癒します。

 

お問合せはこちら

予約(初診・再診)・お問合せ

0466-25-3812

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
■休診日
 土曜午後・日曜・祝日

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

■診療時間 ※受付終了時間
   9:00~12:30  ※12:00
  14:30~18:30 ※18:00
 休診日:土曜午後・日曜・祝日