Pain in the shoulders, arms or hands

ホーム病気・怪我の治療方法 肩から腕や手の痛み・痺れ頚椎症性脊髄症とは

頚椎症性脊髄症

頚椎症性脊髄症とは

《疾患概念》

頸椎症に伴って脊柱管や椎間孔の狭窄を生じ、脊髄症を呈した状態をいい、中高年の疾患です。生来の脊柱管径が狭いと発症しやすく、加えて頸部後屈による脊髄圧迫の増大は脊髄症発症の動的因子として重要です。進行した脊髄症は手術治療が適応となります。

《誘因・原因》

頸椎の退行変性に伴い、膨隆した椎間板や骨棘(骨に加わった刺激によって骨組織が棘状になったもの)による前方からの圧迫や、肥厚した黄色靭帯や椎間関節による後方からの圧迫などにより、脊柱管狭窄状態が生じていることが、原因の1つにあげられます。これらの静的圧迫に加え、前屈・後屈などによる動的圧迫が発症に関与します。とくに後屈時には、黄体靭帯が脊髄側に押し出されたり、椎体後縁と椎弓の幅が狭まるprincer mechanism(挟み込み機構)によって動的狭窄(dynamic stenosis)が増強されます。また生来の脊柱管径が狭いと(発育性脊柱管狭窄)より脊髄圧迫が生じやすくなります。

《症状・臨床所見》

脊髄圧迫高位の髄節障害とそれより尾側の索路障害による痙性四肢麻痺が基本ですが、脊髄内の障害部位の広がりによって症状のバリエーションがあります。手指の巧緻運動障害(箸・書字・ボタンかけなどの困難)や歩行障害(痙性歩行)、四肢・体幹の感覚障害などがみられ、進行すると膀胱直腸障害(頻尿、尿勢低下、残尿感、便秘)も生じることがあります。障害髄節高位の腱反射は低下し、それよりも尾側の反射は亢進します。進行すると病的反射も出現します。

《治療》

軽症例では頸椎カラー固定や持続牽引などの保存治療を行います。重度あるいは進行性の麻痺は手術治療の適応で、術式は前方法と後方法に大別されます。

前方除圧固定術:前方から椎体、椎間板を切除して脊髄を除圧し、椎体切除部に骨移植をして椎体間固定を行います。病変が1~2椎間に限局し、発育性脊柱管狭窄を伴わない症例に行われることが多いです。

後方除圧術:日本で開発された椎弓形成術(脊柱管拡大)が広く行われています。重度の後彎例を除くほとんどの症例で適応となり、後療法も簡便です。主な合併症として軸性疼痛(項背部の痛み)があります。

《検査・診断・分類》

単純X線検査:前後像・側面像でアラインメント異常、骨棘、発育性狭窄の有無を、前後屈像で不安定性(3mm以上のずれ)やdynamic stenosisの有無などを確認します。

MRI検査:脊髄圧迫の程度や脊髄実質の状態を非侵襲的に把握でき、本症に必須の検査です。病巣部にT2強調像で高輝度変化がみられることが多いです。

CT検査:骨棘を含めた脊柱管や椎間孔の骨性形態の評価を行います。術前検査として有用です。脊髄造影後CT(CTM)では、クモ膜下腔や脊髄の圧迫を骨性要素と併せて詳細にとらえられます。臨床所見より予想される脊髄責任病巣高位と画像所見の一致により診断しますが、ときに神経内科疾患などとの鑑別が問題となります。

ご要望をお気軽にお知らせください

0466-25-38120466-25-3812

診療時間 / [午前] 9:00~12:30 ※12:00 受付終了
[午後] 13:30~17:30 ※17:00 受付終了

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

Rehabilitation and medicine video

リハビリテーションや医学などお役立ちの動画を公開しています

News & Blog

ニュースやスタッフブログなど当院のトピックスをお届けします